スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
これは不況のせい? 「トリスウイスキー」
こないだ、自販機でお茶を買おうとしたんですよ

そしたら、よくある求人広告のラックがその横にありまして・・・

よく見ると・・・

20081215205.jpg
瓶が載っていました。

あれっ

これはもしや・・・

20081215206.jpg
トリスウイスキーの空瓶が・・・

仕事が嫌になったのでしょうか 世の中が嫌になったのでしょうか

なんか、今の日本の経済、生活環境の縮図がここに映し出されているかのようでした


思わず、写メってしまった


それはそうと、この「トリスウイスキー」は日本のウイスキー産業の中ですごい

貢献したウイスキーなんですよ

もともと、ぶどう酒の古い樽にリキュール用のお酒を入れてほったらかしにしていた

物をサントリーの創始者の鳥井信冶郎さんが、偶然飲んだところ美味かったそうな・・・

そして、このウイスキーをもとに誕生したのが、トリスウイスキーだそうな・・・

この名前は、自らの「鳥井のウイスキー」を英語にして「トリスウイスキー」に

なったそうです。

これが、大正8年(1919)の事だとか・・・

それが戦後も日本のウイスキーの代表となり、やがて「アンクルトリス」っていう

マスコットのオッサンまで誕生します。

20081217.jpg
これは、コーラルベイの私物。見たこと無いですかぁ~

その後、「やすい、うまい、トリス」ってな感じで、高度経済成長期、「トリスバー」

ってのもたくさん出来ました

最近では、あまり見かけることも少なくなりましたが、これは、まさに、

日本のウイスキー業界にすんごい貢献したウイスキー。

そんなウイスキーを、社会のウップンのハケ口にするより、色々頑張って、喜びの

ウイスキーにしましょうやぁ~


確かに、やり辛い世の中ではありますが・・・


そのうち何とかなるでしょう


そんな時、「お疲れさん」の美味しいウイスキーで乾杯といきましょうやぁ~


スポンサーサイト
【2008/12/17 21:29 】 | 酔いどれの小話 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ハワイの定番、「ロコモコ」改め、「コーラル・ロコモコ」 | ホーム | お米で生地を作る 「お米のツナマヨピザ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。